FAQよ くあるご質問)

Q:硬化剤は、どのくらい入れるのですか?

A:一番簡単そうで、難しいのが硬化剤です。

硬 化剤は、化学名はメチルエチルケトンパーオキサイドで、国内では主に2社あり、日油株式会社のパーメック、化薬アクゾ株 式会社のカヤメックが多く出回っているようです。

樹 脂メーカーによっても若干硬化速度が異なるようですが(促進剤の添加割合が違うため)、一番の要因は、気温ではないでしょうか?一般的に下記のような関係 のようです。

   記

春 秋:1〜3%
夏 :0.5〜1%
冬  :3〜5%

うまく添加されると、30〜40分ほどで硬化しま す。
気温は、あとでご紹介するパラフィン溶液との関係 もあり、20〜30で施工するのが理想的です。硬化剤のパーセント割 合は、重量割合ですので、1%割合の場合は、

ポ リエステル樹脂1Kgに対して、硬化剤10g
ポリ エステル樹脂100gに対して、硬化剤1g

と いったところです。当店の硬化剤は、点滴瓶を使用しているため、27滴で1g、容器の半分が10mlとスポイトが無くても簡単に計測出来ますので、 ぜひご活用下さい。

 

Q:空気遮断剤とは、どんなものですか?

A:当店では、パラフィン溶液を空気遮断剤と呼んで います。他社では空気乾燥剤とか、空気硬化剤といった名称で販売されています。

空 気遮断剤の役割は、ノンパラ(パラフィンの添加されていない)ポリエステル樹脂に5%ほど添加して空気に触れている部分の硬化を助ける役割をします。そも そもポリエステル樹脂は、空気に触れている面は、空気中の水分で硬化が阻害されるため、ノンパラですと表面がべたづきます。

そ こで、空気と樹脂面を遮断するためパラフィン溶液を添加します。ちなみにパラフィンがうまく表面に浮上するためには最低20必要ですので、極度に寒いところではべたつきが残 りますので注意して下さい。

当 然ながら、硬化剤ではありませんから、空気遮断剤を添加しただけでは樹脂は硬化しません。空気硬化剤の名称はちょっと紛らわしいですね。

 

QFRPの強度は、どのくらいあるのですか?

A:ざっくりとしたデータですが、引張強度で言う と、鉄と同じ厚みであれば、重さが5分の1程度で半分の強度と言えます。厚みを鉄の2倍にすると鉄並みの引張強度が得られ、重量は2.5分の1になります。

あ くまで引張強度ですが、ガラス繊維と樹脂が複合化することで、かなりの強度が得られます。小型船舶で、6プライ程度で十分というのもうなづけるところです ね。

 

Q:ポリエステル樹脂の保存期間、保存方法を教えて 下さい。

A:ポリエステル樹脂のメーカー推奨保存期間は、3ヶ月です。当店では、常に新しいポリエステル樹脂 を使用していますが、小分けの為、2か月とさせて頂いております。

 

もし保存するのであれば、当店のポリエステル樹脂 は基本ブリキ缶にて出荷していますので、密閉性が高いためそのまま冷暗所に保管して下さい。補償ではありませんが、半年から1年保管できた場合もあります。

 

中の溶剤分は、開閉ごとになくなりますので、開閉 の回数によっても保存期間が変わります。

 

また、メーカーは、その都度、春秋用、夏用、冬用 を出荷しますので、あまり保存期間が長いと硬化速度が前後します。促進剤の添加量が季節によって異なるからです。

 

ぜひ上記の点をご考慮頂き、出来れば使い切る分だ けを注文して下さい。ご要望のありましたポリエステル樹脂250g詰めのセットも好評販売中です。

 

Q:船の補修に使えますか?

A:まず、大丈夫とお答えします。その上でどこまで を要求するかで、答えが異なります。
1、 船舶用の検定品ですか?
→→→
違 います。確かに検定品ではありませんが、船舶用のポリエステル樹脂は、新造船用に認可されたもので硬化時間が遅く、 一般には硬化調整は、難しいとされています。

2、 強度に違いがありますか?
→→→
強 度面ではさほど差がないというデータがあります。

3、 耐候性に問題はありませんか?
→→→
耐 候性に違いがあります。但し露出している部分において10年サイクルで差が出るとしても、 そもそも修理される船の経過年数もありますし、露 出する部分が船底で紫外線を受けない場合や、仕上げに専用の塗料やトップコートを塗った場合などは、殆ど差がないと考えられます。

結 論から言えば、樹脂の性能差よりも施工の出来具合に影響されますし、 当店では使い易い一般のポリエステル樹脂を使っ て、きちんと脱泡しながらマットとクロスを交互に施工できれば、 反って強度も上がり一体化してよい結果が得られる と考えています。

余談ですが、脱泡を完璧に行うために、最終のガラ スマット(もしくは、サーフェイスマット)までは、 カラー樹脂を使わない方が空気の球が見分けやす く、脱泡が完全に行えます。

ま た、サーフィンや、ブイなど発泡スチロールと接触する場合は、専用の発泡スチロール用樹脂を先にお使いいただくとその後、一般樹脂での積層も可能です。ぜ ひお試しください。

 

Q:インパラとノンパラは、どう違うのですか?

A:ポリエステル樹脂に予めパラフィン溶液 35%添加されているものを「インパラ」、添加されて いないものを「ノンパラ」と呼びます。

ポ リエステル樹 脂に は、硬化時空気に接触する部分の表面が硬化しないという特性があります。そこで表面もカラッと硬化させるためにパラフィン溶液を予め加えておいて、硬 化熱で表面に浮き出したパラフィンが被膜となって 空気を遮断し、表面も硬化させるのです。

れでは、ノンパラの樹脂は不要では?と思われるか もしれませんが、FRPの場合ガラス繊維を積層していく関係上、1回目の積層が一区切りとなるため、次の 積層を行う場合に前の積層が次の下地になります。 その際、ノンパラ樹脂の場合、表面が不完全硬化となっていることで逆に次の積層の接着効果が生まれます。

従っ て、積層を時間をおいて行う場合は、ノンパラの方 が有利です。もしインパラを使ってしまった場合は、最終積層まで一気に終わらせるか、もしくは、積層の度 に下地を面荒らし(足付け)する必要があります。

こ のように、インパラとノンパラは使分けが必要です。なお、ノンパラのポリエステル樹脂にパラフィン溶液を35%添加することで「インパラ」樹脂になります。当 店では、このパラフィン溶液を「空気遮断剤」と呼んで います。

ま た、パラフィン溶液は、硬化熱が、20を上回らないと樹脂の表面に浮上してこないため、 極度に寒い 環境 で施工を行うと、硬化熱が20を上回らず、ノンパラ樹脂のようにいつまでもべた つく場合があります。

近、動画などでノンパラ樹脂をガラスクロスやカー ボンクロスの接着剤代わりに使用し、完全硬化の前にインパラ樹脂で仕上げている方がおられますが、いいア イディアだと思います。ちなみにさらに透明樹脂な どでコーティングする場合は、クロスの仕上もノンパラにしておかないと、コーティングが剥離してしまうの で、注意しましょう。

 

Q:ポリエステル樹脂1Kgは、何リットルですか?

A:ポリエステル樹脂にも種類がありますが、比重は およそ1.1です。比重1は、 Kgが1Lになりますので、ポリエステル樹脂は、およそ0.9Lとなります。

ち なみに、硬化剤の比重は、 1.16で す。つまり、1mlは、1.16gとなります。

ポ リエステル樹脂と硬化剤は、標準で重量対比100:1とされていますが、ポリエステル樹脂は重さ(g) で販売しているにもかかわらず、硬化剤は容量 (ml)で販売しているので、紛らわしい感もあり ます。重量を計って添加している方には問題ないですが、当店の場合は、硬化剤を点滴瓶で販売していますの で、点滴数でご案内することが多いです。

話 が横にそれましたが、点滴瓶で1gは、27滴になります。ちなみに 1mlは、31滴です。20mlの硬化剤は、23gあることになります。

つ いでに、溶剤の純アセトンの比重は、 およそ0.8です。1Lは、800gということになります。

 

QFRPの耐熱温度は、何度ですか?

A:およそ60を越えたところから、変形を生じます。耐熱性に優 れたものもありますが、当店では一般の方が使用しても失敗の少ない汎用ベーシックタイプ(主に硬化剤のみで硬化するもの)を扱っていますので、耐熱温度も 一般の数値を示しています。

FRP
10年サイクルで耐候性の面から経年劣化が生じている ため、補修の観点から言えば母材より優れた材料を使用しても母材の劣化が勝ってしまいます。それよりも完璧な施工をした方が、強度面・耐候面でもよい結果 が得られています。さらに塗装などのトップコートを施せば、汎用ベーシックで十分効果が得られると考えられます。

母 材の置かれている環境から樹脂をお選びいただくのが良いと思います。

 

Q:カラー樹脂は、トップコートに使えますか?

A:カラー樹脂の本来の使い道は、FRPの補修面を周りの色に合わせるためのカラーリング 用です。完全に調色することは、不向きですしどちらかというと裏面の見栄えをよくするのが目的です。

し かし、使い方によっては、トップコートにもなります。仕上げ方も人それぞれなので、いろいろと試してみることが面白いのかもしれません。

ち なみに、当店ではカラートナー・カラー顔料も販売しております。ご自分で調色してみたいという方にはトナー・顔料がおすすめです。

別 件ですが、ノンパラカラー樹脂ブラックを、カーボンクロスの下地として施工する例が増えてきています。

 

Q:ガラス繊維の違いと使い分けを教えてください。

A:ガラス繊維は、一般的に、ガラスマット、ガラス クロス、ロービングクロス、サーフェイスマットがあります。

それぞれに、番手があって、厚みが違いますが、一 般的によく使われているのは、

 

ガラスマットは、#450

ガラスクロスは、#200

ロービングクロスは、#600

サーフェイスマットは、#30

で、番手は、1平方メートル当たりの重さを表しています。

 

また、ポリエステル樹脂の必要量もおよそ決まって いて、

ガラスマットは、0.9Kg/u

ガラスクロスは、0.4Kg/u

ロービングクロスは、1.4Kg/u

サーフェイスマットは、0.3Kg/u

 

さらに、硬化後の厚みは、

ガラスマットは、1.0mm

ガラスクロスは、0.6mm

ロービングクロスは、1.3mm

サーフェイスマットは、0.2mm

程度です(あくまで、目安です。

 

ご質問の使い分けの件ですが、当補修に特化してい えば、ガラスマットが最適です。曲面には、ガラスマットをよくもんだり、ちぎったりしてパッチワークのように仕上げれば、曲面でもきれいに貼ることができ ます。

 

ガラスクロス・ロービングクロスは、単独で貼ると 実は空気が入りやすく、なかなか局面や、角には馴染みません。うまく貼るには、ガラスマットでサンドイッチにすると比較的うまくいきます。ガラスクロス・ ロービングクロスの特徴は、引張強度が上がることと、クロス目を活かした見た目の美しさで補修することができる点です。

 

サーフェイスマットは、ポリエステル樹脂をたっぷ り含みますので、最終面にポリエステル樹脂のリッチ層を作るときに便利です。仕上げた際に、ガラス繊維が出ずらいので、研ぎ出し後も美しく仕上がります。

 

結論から言うと、ガラスマットだけでも補修は出来 ますが、強度や仕上げの美しさから言えば、ガラスマットガラスクロス(ロービングクロス)→ガラスマットサーフェイスマットの順に施工するのがお勧めで す。

 

当店では、薄さと柔軟さを兼ね備えて強度アップに も最適な#380のロービングクロスを販売しております。ガラスク ロスとの選択が可能で、人気急上昇中です。ぜひ、お試しください。

 

Q:ガラスマットの耳ありと耳無しの違いは何です か?

A:ガラスマットの幅方向の両端が少し薄くなって いて、重ね合わせたときに厚みを均一にできるものが耳ありです。この部分がないのが耳無しです。

耳無しでも重ねることは出来ますが、当然重ね目が 厚くなってしまいます。ガラスマットは、手でも2枚程度に剥がすことが出来るので剥がしておいて適 当にちぎれば重ね目の厚みをおさえることが出来ます。当店では耳無しのみの取扱となりますが、大量に継ぎ合わせていく場合は、耳ありのマットが便利です。

 

Q:エマルジョンマットは、どんなガラス繊維です か?

A エマルジョンマットは、通常のガラスマット (チョップドストランドマット)のバインダーと呼ばれる糊が、ランダム方向にちりばめられた5cmほどのガラス 繊維をくっつけているのですが、その糊が特殊でガ ラス繊維をしなやかにさせているのと、樹脂の含侵性をよくする働き、さらには裁断時のガラス飛散を抑える 役割を果たしています。

使っ てみると確かに樹脂の含侵速度が速い事と、形状に馴染みやすい点が実感できます。た だ馴染みやすい分無理に引っ張るとほつれが生じる ため強度の強弱が出やすくなりますので、ガラスをあまり引っ張らないように施工した方が良いです。

 

Q:カーボン仕上セットは、ドライカーボンになりま すか?

A:ドライカーボンにはなりません。詳しくは、基本 編でご説明します。あくまでドレスアップが目的です。

 

「カーボンクロス」の種類について

カー ボンクロスといっても、繊維状のカーボンとパネル上のカーボンがあります。繊維状のカーボンは主にウェットカーボンとして、パネル上のカーボンはドライ カーボンとし て使 われます。ドライカーボンの樹脂は主にエポキシ樹脂でパネルを型に加熱真空圧着することで余分な樹脂を絞りだし硬化させます。本来のカーボンの強度を 出すには、ドライカーボンで製作しますが、機材が 高額になり必然的に高額なものになります。レーシングカーのボディなどがそうです。

方、ウェットカーボンは、繊維状のカーボンクロス を通常のFRPのようにポリエステル樹脂で固めるため、コストが 安く済みます。但しこの製法では強度は期 待できません。せいぜい重量が20%ほど軽くなるくらいのメリットです。エアロパー ツなどのカーボン仕上はこのウェットカーボン製法の為あくまで強度とい うよりはドレスアップです。

と はいえ、カーボンの好きな方は黒のクロス目をボディーに入れたくなります。カーボンには平織と綾織が主にあり、日本は平織が多いようです。

 

Q:カーボンクロスの裁断は、ハサミで大丈夫ですか?

A:カーボンクロスの裁断は、ペーパー用のハサミで も十分裁断できます。できれ ば布切用のハサミが良いです。型紙を使って裁断す る時などは、裁断面に沿ってマスキングテープを先に貼っておくとほつれが止まって無駄がありません。また貼り込んでいるとどうしても位置がずれてしまいま すので、少し大きめに裁断するのがポイントです。

 

Q:カラートナーは、どんな時に使うのですか?

A:カラートナーは、FRPポリエステル樹脂の着色剤です。主にトップコー ト、ゲルコート用の樹脂の着色などに使います。当店のカラー樹脂は、始めからカラートナーで着色された樹脂です。

添 加量は、樹脂に対して510%程度で、添加量によって不透明度が変わります。 ご自分で色の調整などもできますが調色は出来ません。理由は硬化後に若干色が変わってしまうためです。

 

Q:ガラスクロスやロービングクロスは、硬化する とガラス目が見えますか?

A:無着色の透明樹脂でガラスクロスや、ロービン グクロスを最終層に積層した場合、どんなに樹脂を絞ってもガラス目がカーボン繊維のようにはっきりと見えるわけではありません。樹脂を絞った結果繊維の凹 凸がわかるので繊維のような目が見えるだけで、カーボン繊維のようにはなりません。

ガラスはむしろ樹脂と一体化する感じです。カーボ ン繊維は始めから見る角度で黒の色目が光の反射で変わるため繊維目もはっきり見えるのです。

当店では、塗装を溶かさない特殊な樹脂を使って、 積層したガラス繊維にシルバーのスプレーで上塗りすることで積層面に角度によって変化するギラギラ感を出してから、透明の上塗りをする方法をお勧めしてい ます。この方法ですと角度によって繊維目がはっきり見えるようになります。チャレンジセットも販売しております。ぜひお試しください。

 

Q:FRPの塗装は、どのようにするのですか?

A:型を使って製品を作る場合は、最初に塗るゲル コートが、下地に積層して製品を作る場合はトップコートが表面になります。従ってトップコート、ゲルコートが塗装面になりますが、積層で仕上げる場合は、FRPそのものが下地になりますので、研磨仕上の後アク リルウレタン塗料で塗装します。

 

トップコート、ゲルコートは色付きのものが多いで すがクリアーのものにトナー、顔料を混ぜて色付けできます。その場合は、およそ2%〜10%くらいのトナー、顔料を混ぜます。色が白に近い ほど隠蔽力が落ちるためトナー、顔料も多く必要になります。

 

QFRPに色付けは可能ですか?

A:可能です。当社でも販売していますが、液状のト ナーと粉末状の顔料があります。いずれも不透明に色付けできるのが特徴です。透明感を出すには透明顔料を使います。

ト ナーも顔料もポリエステル樹脂との相性がよく、最近では調色しやすい顔料を多く使います。

ネッ トで調べますと、ノンパラ樹脂に着色してゲルコート、インパラ樹脂に着色してトップコートと表現するところもあります。厳密にいうと樹脂の種類が違うので すが、色付けという点では共通しています。

ト ナーにせよ、顔料にせよおよそ10%くらいを目安にした方が良いです。色により隠蔽力 が異なりますので、20%混合する例もありますが、あまり入れすぎると硬化 が阻害されたり、樹脂の本来の性能が出なくなります。

ガ ラス繊維に積層する場合は、10%でも十分隠蔽力(不透明感)があります。樹脂の硬 化を確実にするには、トナー、顔料を十分撹拌してから硬化剤を添加して下さい。

 

Q:硬化剤は、たくさん入れた方が速く固まりますか?

A:硬化剤を5%以上添加することは大変危険です。通常は12%で充分です。

 

硬化剤を入れて撹拌することで重合反応が起き発熱 して、硬化が始まります。それまでの間が作業時間となりますので、2%までが適量なのです。

 

スムーズな作業時間を確保するためにも2%までを守りましょう。当店の点滴瓶で正確に測れ ます。ぜひお試しください。

 

Q:硬化剤は、たくさん入れると早く固まりますか?(パート2

A:硬化剤については、結構勘違いされている方が 多いようです。ポリエステル樹脂の場合硬化剤がキーになって重合反応を繰り返す結果硬化する仕組みです。硬化速度には限界があります。硬化する前に積層で したら塗り込み作業を終わらせなければなりません。樹脂には季節ごとに硬化を促進する薬剤が入っていて、むしろ早さを決めているのはこちらと温度です。

結論は、硬化剤の量は、0.52%(カラー樹脂で4%)止まりです。それ以上入れても部分的に極端な 発熱が起きて割れてしまったり、黄変してしまいます。

もし、硬化剤を2%入れて、1日たっても硬化しない場合は、季節の違う古い樹脂 か、温度が10以下と考えられます。一液性のペンキでも溶剤分が 飛んで固まるためには温度が必要です。外部環境の変更も考慮して頂ければ確実に硬化します。

 

Q:ポリエステル樹脂に使った道具の洗浄方法を教え て下さい。

A:当店でも販売しています、純アセトンが最適で す。但し、道具そのものの材質がアセトンに溶けてしまうものは、NGです。たとえば、ABS樹脂は、すぐに溶けだしてしまいます。この性質を 利用して、バンパーなどをアセトンで仮付けできるくらい溶けます。

純アセトンは、揮発しやすい溶剤なので、バケツな どで洗浄する際はビニール袋に入れてしばらくドブ付けにしたまま密閉しておくのが効果的で経済的です。

当店でも、刷毛・ヘラなどの小物を洗浄する専用の 容器を販売しています。アセトンがほとんど減らず経済的です。

容器の底に汚泥が沈殿しますので上澄みを別のよう に移して汚泥を取り除けば上澄みのアセトンは、べたつくまで初回の洗浄に使うことが出来ます。

 

Q:塗装の上から、FRPは貼れますか?

A:クルマのような焼付塗装された上からは、FRPを貼っても大丈夫ですが、ラッカースプレーなどで 塗装した後にFRPを貼ると塗装が溶けだしてしまいます。。

当店では、塗装を溶かさない特殊な樹脂も販売して おります。低臭気で透明度の高い樹脂なので仕上塗りにも使えます。硬化時間は共通ですが、表面硬度が上がるには1日程度の養生が必要です。ぜひお試しください。

 

Q:ポリエステル樹脂に混ぜて発光する着色剤はあり ますか?

A:あります。蓄光顔料と呼ばれるもので当店でも発 光顔料として販売しています。

昔は、蓄光の前身として使用されていたラジウムや トリチウムが自発光顔料であり、これらは放射性物質で、放射線の放出がありました。

現在では、アルミン酸ストロンチウムという化学物 質で絵の具と同じくらい毒性がありません。当店でもアルミン酸ストロンチウム系の顔料を販売しています。

 

Q:ポリパテとはどんなものですか?

A:パテ状で、盛り付け削り加工ができるものには、 おおむね
1、ポリパテ
2、 エポパテ(エポキシパテ)
3、 ラッカーパテ
があります。

ポ リパテ、エポパテは、2液(あるいは個体)を混ぜることで硬化が始まりま す。ポリパテは、比較的柔らかく厚付けに向いていますが、硬化後の成形が必要です。硬化時間が1時間程度と速いことも使いやすさのひとつです。

エ ポパテは、粘度状のものが多く、ほぼ最終形まで成形できます。硬化時間も比較的長いものが多いようです。

一 方、ラッカーパテは、1液型で溶剤分が飛んでしまうと硬化する為、あまり 厚塗りには適しません。表面の細かい傷を埋めるのに使います。

当 店では、ポリエステル樹脂を販売している関係で、ポリパテを主に販売しています。大雑把に厚塗りするときに便利です。お値段もエポパテに比べてお手頃で す。

また、ポリエステル樹脂とタルクを混ぜて簡易的に パテを作ることもできます。

 

Q:ポリエステルパテには、硬化剤が必要ですか?

A:必要です。ポリエステルパテは、基材がポリエス テル樹脂で硬化反応は、FRPの時と同じです。

当 店でもカラーパテを販売していますが、硬化剤が必要です。基材に何種類かの増粘剤と着色剤を添加していますので硬化速度が遅くなるため、硬化剤は23%ほど添加するのが良いようです。

Q:ポリエステルモルタルって何ですか?

A:ポリエステルモルタルと は、ポリパテ同様に基材は、ポリエステル樹脂です が、骨材は珪砂と増粘剤を使用した、パテ上のモルタルで す。

付 属の硬化剤を2〜4%加えることで(実際には、点滴瓶ですのでパテヘラひとすくいに数滴といったおおざっ ぱでも、施工時間が数分で有れば問題ありません が・・・。)40〜50分程度で硬化します。

骨 材が珪砂ですので 摩耗 しにくい分、床面や塀垣などの外部環境にさらされる場所での施行に最適です。欠けてしまったブロック塀などの補修にお使いください。接着力が強いの で、欠けてピースを付ける時にも最適です。

そ の際は、接着面の汚れ・水分を十分にとることが重要です。

 

Q:プライマー処理は、必要ですか?

A:プライマーは、下地とFRPの中間に挟まれて、接着性をよくする働きをしま す。
下地とFRPの密着性がよければ必要ありません。
下地 との密着性をよくするという意味では、物理的にキズを付けて、FRP又はプライマーの接着をよくする方法があります。 一般的に足付けと呼ばれるものです。サンドペーパー等で、面を荒らします。

FRP
同士では、この足付け(面荒らし)と脱脂処理で十分ですが、下地がFRP以外の場合は、プライマーも有効です。当店のプラ イマーを薄く塗ることで接着力は上がります。

い ずれにしても下地処理が不十分であれば剥がれてしまいます。

 

Q:ポリエステル樹脂は、塗料ですか?

A:ポリエステル樹脂は、塗料としても戦前から使わ れてきました。塗膜も通常の塗料の2倍くらい形成されます。当店ではFRPを主体としていますので塗料としてよりも造形(ポ リエステル樹脂そのもので形を作っていく)の方に主眼を置いています。

 

仕上面をカラー樹脂で仕上げることもできますが、 通常はトップコートを施しますので、アクリルウレタン塗料などを使うことが多くなります。穴の開いたところを補強することは、FRPにはできても塗料にはできません。当店ではこの造 形力を最大の売りにしたいと考えています。

 

QFRPとプラスチックは、くっつきますか?

A:くっつくか、くっつかないかと聞かれると、くっ つくとお答えします。ただし、くっつくというのは、それだけでも専門的な分野があるくらいの難しい領域です。考えなければいけないことは、

1、 物理的にくっついているのか?科学的にくっついているのか?
   (しがみついているの?溶融して一体化しているのか?)
2、 母材の強度の何パーセントくらいの強度があるのか?
   (80%以上あれば、良しとする?)

く らいは、ちょっと想像しておく必要があります。
たと えば、表面に塗料が塗られていたとすると、くっついたと言っても塗料の接着力を越えれば剥がれてしまいます。

くっ つくのか?くっつかないのか?はっきりしろ!!!と言われると、はっきり答えられないので、最近は大概プライマーを間に挟んで接着力を上げる・・・でまと められています。

最近では、株式会社染めQテクノロジィ様のミッチャクロンマルチを使う場面 が多いようです。下地を選ばずサンディングの手間も省けるのがうたい文句のようです。

当 店では、基本はFRPの補修ですので、下地の面荒らし、脱脂処理後直接FRPを貼って問題ないと考えておりますが、今後万能プ ライマーの小分け販売も行っていく予定です。

但 し、ポリエチレン、ポリプロピレンなどの容器に使うような素材への接着はやめた方が良いと思います(念の為)。

 

QFRPのお風呂の補修はできますか?

A:できます。ただしどこまで仕上げるかは、やり方 次第です。また、どんな場合でも下地処理が決め手です。FRPの場合、FRP同士の密着性は良いですが、下地がFRPでない場合は、プライマーを使うのが一 般的です。

い ずれにしても、下地は、地がきちんと出るまで削ってから行いましょう。船の時同様、凹凸面はある程度パテ埋めした方が、あとのFRP処理がきれいにできます。脱泡をきちんと行うに は、最初は透明な樹脂で、仕上げにカラー樹脂をお使いください。

 

Q:水槽の内側に樹脂を塗っても生体に影響はありま せんか?

A:生体といっても、生き物全体で言えばわずかな溶 剤分でも死滅する場合もありますので、一概には言えません。

一 般的にFRPは、貯水槽、高架水槽の製品や内外のライニング工 事に使用されており、また広く水槽の製品や内外のライニング工事、擬岩などの置物に使用されており実績もあります。

し かしながら硬化の不完全な製品からは溶剤分も揮発している状態が続きますし、生体といっても様々ですので、あくまで施工は自己責任でお願い致します。

ま た、施工された場合は、溶剤分の揮発がなく完全硬化後も1週間程度期間を置くことをお勧めします。

 

Q:刷毛とローラーどっちがおすすめ?

A ローラーは、主に素材がウール・アクリル・ポリエ ステルで樹脂をある程度保持しますので、平面で広い面積に適しています。より糸タイプとハイパイルタイプがあり、より糸は空気が入りづらく、ハイパイルは 樹脂の含みが良いです。

刷 毛の5倍くらい効率的です。当店は、補修が専門ですし、 YouTubeを 見ても、補修はほとんどが刷毛塗りです。0.5u未満で凹凸がある場合は、刷毛で充分と言えるの ではないでしょうか?このくらいの面積で あれば、刷毛1本で脱泡しながら補修できます。

ロー ラーは、脱泡には不向きですので、脱泡ローラーを併用するの が一般的です。刷毛の場合も効率よく脱泡するには 脱泡ローラーはあると重宝します。当店でも最近の売れ筋です。ぜひご利用下さい。

当 店でも、各サイズの塗り込みローラー、替えローラーをご用意しております。刷毛の次に効率を求めるならば、ローラーがお勧めです。いずれもワンタッチ着脱 で洗いやすいです。

 

Q:黒豚毛脱泡ローラーと、アルミ脱泡ローラーはど う違うのですか?

A:黒豚毛脱泡ローラーは、毛先の堅い黒豚毛のブラ シをローラー上に丸めたもので、毛先がガラスを通して施行面に刺さることで空気穴が出来空気が抜けます。

一 方、アルミ脱泡ローラーは、空気を施行面の端まで送って外に出します。

脱 泡方法が違うため、使い方も異なります。
ガラ ス積層があまりない場合は、空気を送るよりもその場で穴をあけて脱泡する方が効率的ですが、何層も積層された後では、穴をあけて空気を抜くことがやりづら くなるため、アルミ脱泡ローラーで押し出すことになります。

ど ちらも、力を入れすぎたり、回転を止めて押した場合にガラス繊維を引っ張ってしまうことがありますので、力加減が重要です。

当 店では、オリジナルの脱泡ローラーも販売しています。ぜひご利用下さい。

QFRP補修に脱泡ローラーは、必要ですか?

A:あると、かなり重宝するのが脱泡ローラーです。 特に施工面積 が広 くなればなるほど脱泡を速やかに完了させたくなります。FRPは、意外と硬化時間との兼ね合いが勝負だからで す。

毛でも脱泡は可能ですが、時間の短縮から行けば脱 泡ローラーにはかないません。さらに施工面を平らにならす方が、樹脂の無駄な含浸量を減らせ平らに仕上げ られます。そのためには脱泡ローラーが有効です。

一 度使ってしまうと、手放せないグッズです。但し、仕上作業に 使うため、樹脂で固めてしまう場合が多いです。常 にアセトンにドブ付けできる環境を作っておきましょう。当店のオリジナル脱泡ローラーは、アセトンで溶解 できない場合は、ローラーごと焼いて元に戻すこと もできます。

通常の脱泡ローラーは、火にかけられませんので、 当店のドブ付けセットが便利ですので、ぜひお使い ください。

 

Q:ゲルコートが、ひび割れました。トップコートで 補修できますか?

A:できます。といっても、このトップコー トの補修は様々で人それぞれ解釈が違うようです。

1、 専用のトップコート樹脂を購入して、塗布し研磨仕上する。 その際、調色までメーカーにお任せすると、大変い いお値段になってしまいます。クリアのゲルコート樹脂を購入し、トナーとパラフィンを加えて、トップコー トにすれば、かなり格安に収まります。

2、 カラー樹脂を購入し、ガラス繊維で厚みを出し、最後に上塗りする。カラー樹脂ですと、塗るだけでは下地が出てしまいます。ある程度キズが深ければこのよう な方法もあります。安価で済みますが、耐候性が本来のトップコート専用樹脂よりは落ちます。

3、 ゲルコートのみの補修に、カラー樹脂を使う場合。厚塗りするためにタルクを10%程度加えてコーティングします。硬化後は、研磨 仕上します。本来の硬度・耐候性は出ませんが、施工が比較的簡単にできます(硬度は、タルクの含有量で落ちて いきます)。

4、FRP補修後、一般塗料でトップコート塗装する。最終面 が、一般塗料に依存する場合で、表面の性能は塗料の硬度によります。

当 店は、あくまで補修に特化しています。汎用ベーシックタイプを活用していかに簡単に補修してしまうかという視点です。DIYで、補修するのにルールはないようです。まずは、FRPを自在に操る方が、いろいろできて楽しいのではな いで しょ うか?

 

Q:サーフボードの補修はできますか?

Q:サーフボードの補修はできますか?
A
: ボードが、グラスボードの場合は、FRPですので、補修は可能です。但し傷口が大きすぎた り、傷口から海水が浸み込み剥離を起こしている場合などは、サーフショップに持ち込んだ方が良いと思います。

日 頃のメンテナンスで、小傷等を直す場合は、少し透明度の高いポリエステル樹脂とガラスクロスや、タルクを使って補修して下さい。

当 店では、初めての方でも安心のセットを販売しています。どうぞご利用下さい。

 

Q:発泡スチロールにFRP樹脂を積層出来ますか?

A:出来ません。一般のFRP樹脂には、スチレンという溶剤分があり、これが発 泡 スチ ロールを溶かしてしまいます。ガムテープなどの養生をしてもスチレンが硬化時にガス化して、結局溶かしてしまいます。

こで、当店では発泡スチロール専用樹脂を販売して います。この樹脂は、スチレンをほとんど含んでいないので発泡スチロールを溶かしませ ん。また当店の発泡スチロール樹脂は2液型で使いやすい仕様です。但し樹脂全般に言えま すが、2か月以内に使用する分のみご購入下さい。その後 は、 変色 し、硬化時間にばらつきが出て、最後は固まります。

業 界初のカラー樹脂も販売しております。合わせてご利用下さい。

 

Q:単色透明樹脂は、透明ではないのですか?

A:ご指摘の通り、完全な透明ではありません。全光 線透過率(積層板)94.5%ということで、一般の樹脂よりは、下地をはっき りと出すことが出来ます。

完 全透明の樹脂もありますがお値段がかなりするのと扱いやすさが違います。当店では、努めて扱いやすいもの、お値段の手ごろなものをお勧めするようにしてい ます。用途に合わせて他社さんとも比較してみて下さい。

 

Q:ポリエステル樹脂の硬化剤は、それぞれ違います か?

A:硬化剤は、1種類ではありませんが、当店で販売しているポリエ ステル樹脂は、汎用、カーボン仕上用、発泡スチロール用のどれでも共通に「メチルエチルケトンパーオキサイド」を使用しています。点滴瓶タイプで無駄がな く、使いまわすことが出来ます。

メー カーによっては、硬化剤そのものを希釈している場合もありますので、添加量も一概には言えませんが、当店を含めて一般的には、重量比1%目安です。

当 店では、205mlの紙コップを例にして、紙コップ半分の樹脂が約100gですので、27滴で1g 1%目安としています。

カ ラー樹脂は、顔料成分が硬化を若干阻害しますので、2%目安としています。施工前に適切な硬化剤を確認す るようお願い致します。

 

Q:発泡スチロール用の樹脂と普通のポリエステル樹 脂では、硬化剤が違いますか?

A:当店の場合は、同じものです。メチルエチルケト ンパーオキサイドで、一流メーカーの製品を小分け販売しています。

余 談ですが、当店のポリエステル樹脂の硬化剤は全て共通に使えます。カラー樹脂も同じですが、添加量は、およそ2倍になります。

 

Q:ボルダリングのクライミングホールドをポリエス テル樹脂で作れますか?

A:作れます。形が自由に作れる点では、液体のプラ スチッ クで あるポリエステル樹脂が最適です。少々高額になりますが、ポリウレタンも使われています。

材 料に指定はないようですので、木材や自然石で作られる方もおられます。

大 型のホールドを作成するときは、FRPが便利です。作り方もいろいろですが、発泡スチ ロールを好みの形に削って、発泡スチロールを溶かさないカラー樹脂でFRP巻にする方法があります。

当 店では、クライミングホールド製作用の注型用ポリエステルカラー樹脂と、制作キットを販売しています。どうぞご利用下さい。

 

Q:一斗缶用の蛇口が販売されていますが、どの一 斗缶にも合いますか?

A:一斗缶の注ぎ口は、主に40mm、50mm、70mmがあり、液体の粘度によって口径も異なりま す。溶剤のような粘度の無いものは、40mm、ポリエステル樹脂は、主に50mm、台湾製の樹脂や外壁塗料などは、70mmが多いです。

当店では40mmの一斗缶用の蛇口を販売しております。形状が バナナ型で、空気抜きの穴が付いていて、キャップがあり大変使いやすいものです。1L缶も口径が40mmなので使いまわせます。市販では50mm用の蛇口も販売されております。70mmでは、蛇口でよいものがなく、ポリ差し口とい う商品名のものがありますが、差し口が斜めになっているだけで、空気抜きの穴もなく使い勝手が良くありません。

ポリ蛇口をご購入の際は、口径をお調べの上、お求 めください。

 

有限会社キクメン 新潟県新潟市北区新元島町 3942番地57 TEL:050-5309-0537 Copyright © 2018 kikumen Co.,Ltd. All right reserved