有限会社キクメン 新潟県新潟市北区新元島町3942番地57 TEL:050-5309-0537 Copyright © 2018 kikumen Co.,Ltd. All right reserved.

  • GRANPA

キクメンニュースレター2018年9月17日(月)号

キクメンドットアジアの店長の吉川です。

先日は、数あるネットショップの中から、当店にてFRP材料をご購入いただきまして、大変ありがとうございます。

当店は、土・日・祝祭日も営業・出荷しております(水・木曜日が定休日)。

また、売れ筋セットの3商品は、毎日出荷も承っております。ぜひご利用下さい。

今週のパスワードは、 「180917lmn」です。 Wix店に会員登録頂きますと会員様専用ページがご利用頂けます。会員様限定の特典があります。ぜひご利用下さい。

______________________________________________

先週頂きました、「ご質問にお答えします」のコーナーです。

メールにてご質問いただきました。

Q:FRPとプラスチックは、くっつきますか?

A:くっつくか、くっつかないかと聞かれると、くっつくとお答えします。ただし、くっつくというのは、それだけでも専門的な分野があるくらいの難しい領域です。考えなければいけないことは、

1、物理的にくっついているのか?科学的にくっついているのか?

  (しがみついているの?溶融して一体化しているの?)

2、母材の強度の何パーセントくらいの強度があるのか?

  (80%以上あれば、良しとする?)

くらいは、ちょっと想像しておく必要があります。

たとえば、表面に塗料が塗られていたとすると、くっついたと言っても塗料の接着力を越えれば剥がれてしまいます。

くっつくのか?くっつかないのか?はっきりしろ!!!と言われると、はっきり答えられないので、最近は大概プライマーを間に挟んで接着力を上げる・・・でまとめられています。

最近では、株式会社染めQテクノロジィ様のミッチャクロンマルチを使う場面が多いようです。下地を選ばずサンディングの手間も省けるのがうたい文句のようです。

当店では、基本はFRPの補修ですので、下地の面荒らし、脱脂処理後直接FRPを貼って問題ないと考えておりますが、今後万能プライマーの小分け販売も行っていく予定です。

但し、ポリエチレン、ポリプロピレンなどの容器に使うような素材への接着はやめた方が良いと思います(念の為)。

___________________________

「話題のYou Tubeを見て」のコーナーです。

今週も、GRANPAの

「【FRP利用研究会】外灯の鉄柱を模擬で補修してみた」

をご紹介します。

(リンク先はお送り出来ないので、タイトルで検索してくださいね。)

以前から、ご提案させてもらっておりますが、街灯などの鉄柱は、結構根元が腐食している場合が多いです。そんな時は、下から、50cm~100cmくらいを FRP巻にしておけば、丈夫なパイプをかぶせたのと同じ効果が簡単に得られて、風災などでの倒壊を防ぐことができます。ぜひお試しください(厚みや、施工場所は、十分ご検討ください。)。

_____________________________________________

「知ってるつもり」のコーナーです。繰り返しになりますが、やはり基本は大切ですよね。

---今週の基本編---

「添加剤の基本的な添加量」についてです。

おなじみ硬化剤:樹脂100に対して、1~2(1~2%)です。感覚的には心配なくらい少ない量です。当店の硬化剤は、20mlの点滴瓶が中心ですので、1Kgの樹脂に全量入れると2%です。紙コップなどに、100g入れた場合は、硬化剤は、1gですが、点滴瓶ではおよそ、27滴、2%では、54滴ということになります。当店の点滴瓶は中身が見えるため、半分の10gもほほ正確に点滴できるかと思います。

促進剤 (8%コバルト溶液): 0.5~1%目安です。促進剤は、硬化剤と直接接触すると激しく発熱し場合によっては、爆発する危険があります。ご使用の際は、促進剤を樹脂に十分に混ぜてから硬化剤を添加するようにして下さい。また、保管の際は、硬化剤とは別な場所に隔離するようお願い致します。当店の汎用樹脂は、季節に合わせて促進剤をあらかじめ添加してありますので、基本的には促進剤は不要です。

空気遮断剤(パラフィン溶液=):3~5%目安です。ノンパラ樹脂をインパラ樹脂にすることが出来ます。気温が20℃以下ですと、パラフィンが浮上しにくいため、べたつきが残る恐れがあります。

希釈剤(スチレンモノマー):10%までとされています。これ以上添加すると樹脂の性能が落ちます。

カラートナー:8%目安です。量が少ないと透明度があがってしまうため、下地が見えてしまいます。風合いに合わせて添加して下さい。

______________________________________________

「今週のおすすめ商品」のコーナーです。

今週は、当店で新しく追加しました、「木柄 鉄脱泡ローラー 35mm極細直径10mm 追い出しタイプ」をご紹介します。

リンク先は、こちらです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kikumen2/frp-tool-0051.html

細部での脱泡作業のご要望にお応えしました。当店での最小サイズです。

______________________________________________

最後に、「おらが県、新潟」のコーナーです。

いよいよ、稲の刈り入れシーズンがやってまいりました。新潟県の平野を埋め尽くさんばかりの黄金(こがね)色の稲は、特に朝日の中で、その美しさは壮観です。

店長は、新潟県は、この一大イベントを観光にできないものかともくろんでみたりもするのですが、

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のことわざではないですが、こんな年に一度の一大行事を家族親戚が集まって、黙々と刈り入れをする様子を見ると、新潟県人の謙虚さに通づるところがあるように思えて、今年も浅はかな考えに反省しきりのこの季節になるのでした。

______________________________

いかがでしたか?

来週もまた、お役に立つ情報を配信したいと思います。どうぞ、ご期待ください。

0回の閲覧