有限会社キクメン 新潟県新潟市北区新元島町3942番地57 TEL:050-5309-0537 Copyright © 2018 kikumen Co.,Ltd. All right reserved.

  • GRANPA

キクメンニュースレター2019年11月11日(月)号

キクメンドットアジアの店長の吉川です。


今週も、FRP補修・造形に役立つ話題をお伝えしていきます。お役に立てれば幸いです。


当店は、土・日・祝祭日も営業・出荷しております(水・木曜日が定休日)。


さらに、消費税10%でも、税込価格は据え置きで販売中!! 実質1.8%の値下げです。


 「Wix店」のパスワードは、「kickmainte」です。「Wix」・「BASE」店からご購入いただきますともれなく粗品進呈中! こちらもぜひ、ご利用下さい。

______________________________________________


先週頂きました、「ご質問にお答えします」のコーナーです。

メールにてご質問いただきました。


Q:ボルダリングのクライミングホールドをポリエステル樹脂で作れますか?

A:作れます。形が自由に作れる点では、液体のプラスチックであるポリエステル樹脂が最適です。少々高額になりますが、ポリウレタンも使われています。


材料に指定はないようですので、木材や自然石で作られる方もおられます。


大型のホールドを作成するときは、FRPが便利です。作り方もいろいろですが、発泡スチロールを好みの形に削って、発泡スチロールを溶かさないカラー樹脂でFRP巻にする方法があります。


当店でも近々クライミングホールド制作キットを販売予定です。ご期待ください。


_______________________________


「話題のYou  Tubeを見て」のコーナーです。


RED先生こと、RED MEMORY様の「【DIY】インプレッサ専用パーツをS15に取り付け加工」をご紹介します。

(URLは、ご案内できませんのでタイトルで検索してみて下さい。)


インプレッサ用のカーボンリアディフーザーをさらに加工して、自分好みの形に加工しています。 今回は少量ですが、継ぎ目のポリエステル樹脂、カーボンクロスを使って頂いています。

来週以降に、さらに内装系のカーボンクロス加工の動画も予定されています。是非ご覧ください。

__________________________________________


「知ってるつもり」のコーナーです。繰り返しになりますが、やはり基本は大切ですよね。


---今週の基本編 ---


「カーボンクロス」の種類について


カーボンクロスといっても、繊維状のカーボンとパネル上のカーボンがあります。繊維状のカーボンは主にウェットカーボンとして、パネル上のカーボンはドライカーボンとして使われます。ドライカーボンの樹脂は主にエポキシ樹脂でパネルを型に加熱真空圧着することで余分な樹脂を絞りだし硬化させます。本来のカーボンの強度を出すには、ドライカーボンで製作しますが、機材が高額になり必然的に高額なものになります。レーシングカーのボディなどに使われています。


一方、ウェットカーボンは、繊維状のカーボンクロスを通常のFRPのようにポリエステル樹脂で固めるため、コストが安く済みます。但しこの製法では強度は期待できません。せいぜい重量が20%ほど軽くなるくらいのメリットです。エアロパーツなどのカーボン仕上はこのウェットカーボン製法の為あくまで強度というよりはドレスアップです。


とはいえ、カーボンの好きな方は黒のクロス目をボディーに入れたくなります。カーボンには平織と綾織が主にあり、日本は平織が多いようです。当店では、平織#200の1m幅×1m、2m、3m、4m巻他、ご要望の多いサイズで出荷させて頂いております。

_________________________________________


「今週のおすすめ商品」のコーナーです。


今週は、「発泡スチロール用ポリエステルカラー樹脂」のご紹介です。


https://store.shopping.yahoo.co.jp/kikumen2/c8afcba2a5.html


発泡スチロールに直接FRPが施工できるポリエステル樹脂のカラーバリエーションは当店のみです。 硬化剤をお持ちでない方は、必ず硬化剤付きをお求めください。


ちなみに、当店のポリエステル樹脂の硬化剤はどれも共通です。

_____________________________________________


最後に、「おらが県、新潟」のコーナーです。


新潟駅に久しぶりに行ったら随分リニューアルされていましたので、ご紹介します。新潟の地酒が楽しめる「ぽんしゅ館」が随分広くなっていました。スターバックスもできていました。いろいろなビールを楽しめるカウンタータイプのバーもオープンしていました。


何より、新幹線から、在来線へ同じ階で乗り継ぎできるようになって便利になっていました。


店長は、帰路は「白新線」というローカル線に乗り換えるのですが、これが今までは、謎の「ゼロ番線」という、随分離れたところに設置されていまして、まるでハリーポッターみたいでした(誰も知らないw)。


あまり利用しないので気が付きませんでしたが、新潟駅も随分きれいに華やかに便利になっていました。現在線路を挟んで、バスとタクシーが行き来できるトンネルも工事中とのことです。 


------------------------------


いかがでしたか?

来週もまた、お役に立つ情報を配信したいと思います。どうぞ、ご期待ください。


4回の閲覧